0800-200-8418

県内通話料無料・診療時間内対応
携帯電話・PHSからは 086-276-4911

診療時間 月・火・水・金 9:00~12:30 / 14:00~18:30
9:00~12:30 / 14:00~16:30
休診日 木曜日・日曜日・祝祭日  

やわらかい入れ歯

ぴったりとくっつく『やわらかい入れ歯』

『やわらかい入れ歯』とは、歯ぐきに接する入れ歯の内側にやわらかい材料を加工して貼り付ける入れ歯のことです。

当院では、ループシリコーンという医療器具として承認を受けている安全で柔らかい素材を使用しています。※こちらは自由診療となります

やわらかい入れ歯の写真

やわらかい入れ歯です。お口にぴったりとくっつきます。

断面図

やわらかい入れ歯の断面図です。歯ぐきに接する部分がやわらかい素材になります。

従来の入れ歯との違い

従来の入れ歯は、入れ歯の基本の部分はレジンと言う硬い素材で出来ているために、入れ歯のサイズ・噛みあわせ位置・顎や歯ぐきの問題などで痛みを感じることがありました。

やわらかい入れ歯の場合、レジンの内面にやわらかい素材(医療用のシリコーンゴム)を貼り付け加工しますので、歯ぐきやその下の骨の状態が悪く、従来の入れ歯では痛くて食べ物が噛めない方に最適です。

硬さも3段階ありますので、お口の状況に応じて調整することが可能です。

従来の入れ歯の場合

従来の入れ歯の場合は、入れ歯の素材が硬いため、ぴったりあわず隙間が出来てしまうことがあります。この状態のまま強い力で噛むと痛みを感じることがあります。

やわらかい入れ歯の場合

やわらかい入れ歯の場合は、歯ぐきにあたる部分がやわらかい素材のため、歯ぐきにぴったりと合い隙間ができにく構造です。また、クッション効果もありますので、噛みしめることも出来ます。

今お使いの入れ歯にも加工できる幅広い対応力

やわらかい入れ歯は、入れ歯の内面をやわらかい素材で加工する技術のことで、総入れ歯、部分入れ歯、金属床入れ歯を問わず作ることが出来ます。

また、入れ歯自体の劣化がなければ今お使いの入れ歯(レジン床、金属床を問わず)を利用して加工も出来ますので、幅広い対応が可能です。

やわらかい入れ歯

やわらかい入れ歯です。総入れ歯でも部分入れ歯でも、今お使いの入れ歯を利用して加工可能です。

やわらかい入れ歯 側面

今お使いの入れ歯が痛くてお悩みの方は、やわらかい素材ループシリコーンで改善する可能性があります。

クラスプのない良好な審美性

クラスプの気になる方には、お口の状況にもよりますが、クラスプを使わずシリコーンを使って入れ歯を固定することも可能です。

右のお写真の患者さんは、部分義歯のバネの部分が唇に食い込んで痛いために困っていらっしゃいました。

そのため、クラスプのないやわらかい入れ歯を作製しましたが、痛みもなく、クラスプのない審美性にご満足頂いております。

クラスプのない入れ歯

『やわらかい入れ歯』をもっと詳しく知りたい方は、当院までご連絡下さい

やわらかい入れ歯のコラムへ
また、当院院長が執筆しているコラムも是非ご覧下さい。

わずかな力で良く噛めるブレードティース

奥歯にブレード(歯科用刃)を装着させることでわずかな力で、お肉などしっかりと食べ物を噛み切ることができます。※こちらは自由診療となります

医院外観

入れ歯の奥歯にブレードと呼ばれる金属を取り付けます。

受付

お肉などでもしっかりと噛み切れるようになります。

ページの先頭に戻る